一棟マンション投資成功のカギ〜不動産投資ガイドライン〜

積み木の家

これから本格化します

マンション

要因は2つあります

長い不況の時期を抜けて、不動産市況が活況を呈してきています。その一因に個人投資家による不動産投資ブームがあります。ここ数年で投資用ワンルームマンションの需要は高まってきています。これから投資用ワンルームマンションを購入して不動産投資を始めようとしている人の中には、すでに出遅れたと考えている人も少なからずいます。しかし、投資用ワンルームマンションによる不動産投資は、まだまだこれから盛り上がっていきます。なぜならば、経済環境が大きく変わっており、また、各自治体の投資用ワンルームマンションに対する風当たりが強くなってきているからです。但し、自治体の風当たりが強くなっていることは個人投資家にとっては悪いことではありません。

買い時は今です

経済環境はデフレーションの時代からインフレーションの時代へと変わりつつあります。インフレーションの時代には物価の価格が継続的に上がっていき、現金の価値は目減りしていきます。そのため、物価の上昇とと共にその価値が上がっていく不動産などの資産に注目が集まるのです。過去を振り返れば明らかなとおり、インフレーションが起きた際の価格の上がり方は、かなり急になります。今のうちに、物価連動する資産を持っておくことが資産防衛にもなるのです。また、自治体の中には投資用ワンルームマンションの建設に規制をかけているところもあります。これにより供給が細るので、既に出回っている投資用ワンルームマンションに希少価値が生じ、価格が上昇しやすくなると見込まれています。これらの状況を踏まえると今は買い時と言えます。